デイリーPlus 口コミ

デイリーPlus 口コミ

ヤフーの割引クーポンサービスです。

 


デイリーPlus - Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス

 

  • レジャー施設などの割引クーポンと、飲食系クーポンがもらえる
  • ヤフーが運営している人気サービス
  • ヤフープレミアム会員は2ヶ月無料で使える

料金 540円、支払いはヤフーウォレット

月額540円です。

 

加入月は無料、翌月から課金開始。

 

支払いは「ヤフーウォレット」になります。

 

ヤフーウォレットの支払いは「クレジットカード払い」と「銀行振替」が選べます。

 

※銀行はジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行のみ。

 

無料期間が、「最大」2ヶ月ってどういうこと?

無料期間が「最大」2ヶ月っていう表現が気になりますよね?

 

最大2ヶ月だけど、お前の場合は3日だ!って言われたらショックじゃないですか。
詳しく調べました。

 

例えば、3月の半ばに加入したら無料期間はどのくらいなの?

 

デイリープラス2ヶ月無料
▲3月に加入した例

 

3月半ばに加入したとしたら、無料期間は約1ヶ月半。

 

月の初め(1日)に加入&ヤフープレミアム会員(月額 462円)の場合、2ヶ月無料になります。

 

え?ヤフープレミアム会員の月額を払うと2ヶ月無料?ちょっとややこしいですね。

 

ヤフープレミアム会員未加入のかた

ヤフープレミアム会員の月額462円を新規で払って、デイリープラスの無料期間を2ヶ月にするメリットはありません。

 

駅探バリューDays(月額324円、無料期間1ヶ月)を選ぶのが良いでしょう。

 

ヤフープレミアム会員加入済みなら、最大2ヶ月無料

ヤフオク出品など、ヤフープレミアム会員加入が必須のサービスを既に使っている方は、デイリープラスを最大2ヶ月無料で使えます。

 

解約、退会の方法は?

解約方法、わかりにくいんですよね。(簡単に解約させないようにしてるとか…?)

 

ヤフーウォレットから、「継続中サービスの確認・停止」ページを開けば、停止できます。

 

デイリープラス解約

 

>>>ヤフーウォレット「継続中サービス確認・停止」

デイリーPlusと駅探バリューDaysの違いは、月額費用と無料期間

デイリーPlusと、駅探バリューDaysは、受けられる割引特典は全く同じです。

 

違いは、検索機能と、月額費用と無料期間。

 

デイリープラスは、お得なクーポンを検索で探す機能があります。

 

割引度で検索

 

違いをまとめるとこうなります。

 

項目 駅探バリューDays デイリーPlus
無料期間

最大1ヶ月無料
(入会月無料)

最大2ヶ月無料
(ヤフープレミアム会員)

月額費用 324円 540円
割引度検索 なし あり

 

フツーに考えると駅探バリューDaysの方がお得です。無料期間が長くても、月額が高いデイリーPlusはどう考えたって損。
関連)駅探バリューDays・・・マジかよ、解約方法

 

でも、割引額で検索かけられるのは捨てがたいんですね。

 

裏技的に、デイリーPlusには加入せず検索だけ、駅探バリューDaysで割引受けることで、月額324円で使えます。

 

月額の差は200円程度なので、面倒くさいという方はデイリーPlusに加入しましょう。

 

割引率は最大で70%オフ


最大で70%オフになる特典あり。

 

ランチなど、食事代にも使えるので、日常の節約術としても使えます。

 

加入している本人だけでなく、家族・友人にも適用できます。
家族四人なら、割引率はx4倍。

 

「一人加入してれば、みんなに割引適用」されるので、グループで遊びに行った時にも使いやすいです。

 

(一人だけクーポン使うと、なんだアイツみたいになっちゃう…)

割引の人数制限はなし

デイリープラスの割引の人数制限ってあるんでしょうか?

 

人数制限はありませんが、食事系の割引(食べタイム)では、1日のクーポンの数が決まっている場合があります。

 

クーポン残数

 

早めにクーポンゲットしておいた方がよいかも。

 

 

登録して、即日利用できる

スマホ

 

デイリープラスは、加入すればすぐに使えるようになります。
待ち時間は、せいぜい5分程度。

 

しかし、特典によっては、使えるようになるまで待たされるケースがあるので注意が必要。

 

しかし、クーポンの種類によっては待たされるケースもあり。

 

  • 提示タイプのスマホクーポンは5分程度のタイムラグあり
  • 前払いデジタルチケットは3日の余裕を見ること
  • ファミポートクーポンは、毎月1日の0時〜9時は使用不可
  • セブン-イレブンのマルチコピー機使用には1ヶ月待たされる

 

スマホ画面を見せるタイプのクーポン

登録後、即使えます。

 

食事の割引など、割引率低めのものはこのタイプが多いようです。

 

デジタルクーポンタイプは、提示するだけ

登録後、即使えます。

 

お店でスマホに表示されたクーポンを見せると、会計から割引されるのがこのタイプ。

 

メールが届くまで、5分程度待たされることがあるため、利用直前ギリギリにクーポンもらおうとすると困るかも。

 

前払いのデジタルチケットは、3日前から申込が必要

「デジタルチケット」は、特に割引率が大きい期間限定のチケット。

 

事前に先払い入金することが条件のため、即日使えません。

 

土日祝日を除く3日前に申し込みするぐらいの、余裕を持っておきましょう。

ファミリーマートでクーポン 事前印刷必要

デイリープラスから申込み後、ファミリーマートのファミポートでクーポン券を印刷&支払いするタイプのクーポン。

 

「前売り券を安く買う」ような感じで使えます。

 

登録後、即使えます。
利用前に、ファミマに寄ってクーポン印刷&支払いを済ませておかないといけない点に注意。

 

ファミポートでのクーポン発券は、毎月1日の0時〜9時は使用不可。(メンテナンスのため)

 

セブンイレブン・ローソンのクーポンは一ヶ月待たされることも

登録後、1ヶ月待たされることがあります。

 

要注意!最大の落とし穴です。

 

セブンとローソンの場合に限り、クーポンが利用できるようになるまで、けっこう待たされます。
1ヶ月待たされたら、無料期間終わっちゃうじゃん!何なの!

 

セブン、ローソンで発券するタイプのクーポンには要注意です。

 

デイリープラスを使うメリットは、家族、友人にも適用される割引

友人

 

デイリープラスは、一人加入していれば、家族や友人にも割引が効くのが最大のメリット。

 

家族は2親等(祖父母、孫まで)まで使えます。友人はビジター料金となります。

 

つまり、父、母、子どもの構成ならフツーに割引できるんですね。

 

ただ…2親等であることの証明は、特に求められないし、友人と家族の扱いを変えているクーポンもほとんどありません。

 

制限は、IDひとつにつき10枚まで、という表記がほとんど。

 

実質、デイリープラスを持ってる人が1人居れば、みーんな割引と言えるでしょう。

 

デメリットは、マイナーな店には対応していない点

割引対象のお店は多数ありますが、マイナーなお店など対応していない施設もあります。

 

あなたの「よく行くお店」によっては、デイリープラスのクーポンが対応していないことも。

 

また、小さいことかも知れませんが、月額が540円かかることもデメリットと言えるかも。

 

なぜなら、まったく同じサービス内容の駅探バリューDaysは、月額 324円で使えるんですね。

 

単純に毎月、213円づつ損することになります。

 

関連)デイリープラスと駅探バリューDaysの比較

 

キャンペーンの内容は月替り

キャンペーン

 

2018年には、コンビニで「じゃがりこ」や「ハーゲンダッツ」などが当たるキャンペーンを実施していました。

 

現在は、「ヤフープレミアム会員なら、デイリープラス最大2ヶ月無料」キャンペーンが実施されています。

 

特に割引率の大きなクーポンが、季節ごとに入れ替わります。

 

厳選クーポン

 

トップページに「厳選クーポン」として表示されるので要チェックです。

 

夏はプールや遊園地、水族館系が安く、冬は温泉やスキー関連が安くなります。

 

1,000円引き、子ども無料、半額などなど、目玉クーポンの割引率は大きいです。

 

ヤフープレミアム会員(月462円)

ヤフープレミアム会員は、ヤフーサービスの有償会員精度で、月額462円。

 

ヤフーオフに出品するには加入必須で、そのほかヤフーショッピングやLohacoでポイントがいつでも5倍になるなどの特典が受けられます。

 

ヤフーショッピングや、Lohacoを日常的に使うひとなら、加入して損はないでしょう。

 


ヤフープレミアム会員

 

デイリープラスでもらえるベネポは、3年の有効期限

デイリープラスの特典の中には、「ベネポがもらえる」というものがあります。

 

ベネポは、運営会社ベネフィットワンのポイントのこと。

 

有効期限が3年と長いのが特徴。ポイントとしては比較的長いので、しばらく持っておくならベネポのまま持っておくのもアリ。

 

コンビニ発券&割引金額で入場券が買えるタイプの特典のとき、支払いにベネポを使うことができます。

 

また、WAONポイント、LINEポイント、カテエネポイント、リクルートポイント、nanacoポイント、itsmonコイン、スターバックスカードチャージなどにポイント交換できます。

 

このうち、注目がitsumonというサービス。

 

あまり知られていないサービスですが、ポイントで「モスバーガー」「セブンイレブン」「サーティワン」「すたみな太郎」「ケンタッキー・フライド・チキン」などの商品と引換可能。

 

itsumon

 

イオンで使えるWAONポイント、税金の支払いに使えるnanacoポイント、電気代(中部電力)の支払いに使えるカテエネポイントなど、日常の支払いに使える「ベネポ交換」は覚えておきましょう。

 

ランチの割引率も大きい 1人あたり月に1万円節約も可能

ランチ

 

東京都内が多いのですが、ランチが30%オフ〜50%オフになるランチ用クーポンがゲットできます。

 

1,000円のランチが500円のワンコインになることもザラで、月に20回のランチに使えば、毎月1万円が浮くことになります。

 

しかも、グループでランチに行くと、みんな節約になって喜ばれるかも。

 

また、都内以外だと全国チェーン店も対象になっています。

 

割引は10%〜15%ですが、上島珈琲店、COWBOY、ザめしや、安楽亭、やきとりセンター、ピザーラなどなども対象になっています。

 

映画料金が、毎日映画の日なみに割引される

映画

 

毎月1日は映画の日で、映画代が大きく割引されます。
しかし、混むんですよね…

 

デイリープラスを使えば、映画の日以外でも、映画代1,800円が1,500円〜1,100円に割引されます。
(映画館によって、割引額が違います)

 

お試し期間にデイリープラスを使えば、ただ単に映画料金が安くなるんですね。

 

 

page top